みんなの質問を見る

相続・贈与

相続問題

父親が亡くなり 母親が生きていますが 子供が二人います。財産分与のことで教えてほしいのですが。母親が死んだときには 財産は(現金・生命保険・家屋)子供が半分ずつ分けるのが法律上決まっていますが もし片方が半分ずつ分けるのが嫌で 母親が生前に 自分名義にお金を動かしていたら(例えば父親の退職金などを自分の通帳か債権か生命保険などにする)母親が死んだときには調べようがないのですか? 「財産なんて この家しかないから」・・・と言われたら 納得せざるを得ないのですか?

投稿日時:2017/10/02 14:07回答1件

遺産分割協議書と遺言書作成について

まず、父親が亡くなった時の遺産分割は完了していますか?父親の遺言書はありましたか?すんでいなければ確認する必要があります。相続税をその時に収めたか、否かである程度、母親の財産は把握できるかと。相続税が当時おさめられていたら、それで現在の母親の財産はわかりますし、無論子どもの遺留分(法律上の相続の権利)はあります。生命保険は相続財産になりませんので、母親の了解を取らないと確認が難しいと思います。父親の亡くなった時の遺産相続は完了している前提でお話しますといずれにしても母親に遺言書を書いてもらうべきと思います。現有のわかっている財産が対象となりますが、その他の財産がわかった場合は遺産分割の対象となりますし、その旨を付言(対象外の財産が保険金も含めてあった場合の対応)として遺言書に書き加えてもらうのが良いでしょう。悪意ではなく、実際に気付かない財産がある可能性もあります。いずれにしても黙っていても後でわかれば遺産分割の主張を新たに行う事は可能です。

投稿日時:2017/10/05 10:14

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close