みんなの質問を見る

教育・研修

電話が苦手な新人に困っています。

新卒で入社した後輩に関する悩みですが、
教育担当で私がついて色々と教えているのですが、その中で入社当時から電話に出ることが苦手だといって、
電話に出ることが苦痛だと訴えてきます。
電話が嫌で会社を辞める若者がいる、というニュースを見たことがあり、同じようになってしまわないかと思っています。
先輩として、どのようなアドバイス・教育をしてあげればいいのでしょうか?
教えていただきたいです。

投稿日時:2017/11/17 16:40回答1件

電話が苦手な方へのアドアイス

今の時代携帯の普及で相手がだれか分からない電話に出ることの経験がない若い世代にとって電話応対は社会人になり初の試みになります。
確かに家においても個々に携帯を持つので電話を繋ぐということもなくなっております。
そんな世代に急に電話応対を任せてもプレッシャーになるのでそこはかなり現場を想定しての練習をさせて行かなければならないと思います。
新入社員研修でかならずマナー研修時に電話対応がありますが、その企業様なりの取り方や部署の状況なども違いますのでそこを踏まえて練習しないと頭でわかることと身体が覚えることは違います。できれば実際の状況と同じ場を作りそこでかかってくる可能性のある企業様リストなどを事前に作成してあげて、耳だけではなく字を見て目でも感じられるようにしましょう。聴きなれない企業様の場合、もう相手先のお名前をお伺いするだけで目いっぱいです。だからこそ事前にかかってくる重要取引先の名前、担当者などをリスト化しておいて電話のすぐそこにおいて対応する練習をしましょう。また、その後電話の取次ぎ、伝言の練習もリアルに近い形で何度も練習することです。「習うより慣れろ」につきます。また指導する側も自分たちの生活環境と違うことを理解したうえで指導していきましょう。
「なんでできないの?」ではなく「どうしたら出来ると思うか?」という視点で新入社員にも工夫を考えさせて段階を追って行くことをお勧めします。
また少しでも良くできたときはそこを具体的に褒め励まし、よりよくなるような声掛けも指導者には求められます。
電話が怖いというのは相手が知らない人で聴きなれないからです。それがわかるようになればプレッシャーも減ります。
ぜひ色々な社内での工夫をして指導してみてくださいませ。

投稿日時:2017/11/28 11:58

類似した質問を見る

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close