みんなの質問を見る

新築・注文住宅

防犯を重視した家を建てたい。

来年ぐらいに新築を建てる予定です。
わりと空き巣なども発生している地域のため、とにかく防犯を重視して家を建てたいと考えています。
まわりは住宅に囲まれており、死角も多いと思います。
どのようなことに気をつけるのがよいのでしょうか?
知識が無いため、教えていただけるとありがたいです。

投稿日時:2018/02/16 16:32回答2件

防犯重視の住宅を建てるためには

ご質問ありがとうございます。

新築されるご予定の地域の治安は、とても気になりますね。
住宅を新築される際、防犯に関して相談を受けるケースはよくあります。
防犯には、大きく4つの法則「時間・光・音・ご近所の目」があると言われています。
例えば時間については、侵入までに時間のかかる建物部品を使うなどです。光については、家の周りを明るくする。
音については、警報機や歩くと音がする防犯砂利で周囲に侵入を知らせるなどという対策があります。
またご近所の方々と連携して不審者の声がけをすることもとても有効な対策になります。

侵入までに5分かかると、ドロボウの多くは犯行をあきらめるとよく聞きます。
侵入までに多くの時間を要するなど、一定の防犯性能があると評価された建物部品も、建材メーカーなどいろいろ発売されています。
これらを上手く取り入れて、住宅の新築を進めていかれるといいですね。

簡単ではありますが以上となります。このような回答がご参考になればとてもうれしいです。
ご家族の幸福の城づくりが成功しますことを心から願っております。
ありがとうございました。

投稿日時:2018/03/06 09:44

防犯対策について

防犯は住宅を建てる際、とても大きな要素になってきました。防犯対策でよく言われているのは、光、音、時間です。
人感センサー付照明や鳴き砂利、カメラ付インターホン、防犯ガラスなどがとても有効です。最近は防犯カメラも安くなってきたので、計画に加えてみてもいいと思います。
室内の様子を外出先から確認できる商品もあり、不審者が居た場合、警告音や声で威嚇するものも出ています。
また、プライバシーなどの問題は住宅側で工夫できますので、外溝で死角になりうるフェンスなどの設置を最小限にすること、庭木などの剪定も重要です。普段から家のまわりを整えておくことは、防犯対策につながります。
大切なのは、外から見て防犯に気を使っていると言う姿勢を見せることです。何らかの防犯対策をしている事が分かれば、侵入するリスクを考えると聞いています。
過去に数百棟の住宅をつくってきましたが、最近はそうした対策を施した住宅への空き巣等の被害は激減しつつあります。
また、万が一空き巣等に入られたこと(未遂も含む)を考え、火災保険などの空き巣被害保証などのオプションに加入されておくことをおすすめ致します。

投稿日時:2018/03/02 10:04

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close