みんなの質問を見る

墓石

墓石の劣化は修理すべきでしょうか。

田舎にあるかなり昔に建てたお墓の石が少しひび割れがあり、雨などによるシミのようなものも消えなくなっています。
墓石はどれぐらい劣化したら修理をすべきなのでしょうか?
また費用はどれぐらいかかるものなのでしょうか?

投稿日時:2018/03/15 09:51回答2件

墓石のひび割れについて

今のお墓名は「花崗岩」といって、とても硬く艶の出の良い石材を使っています。加工技術も進歩した為、硬い石材でも加工が可能になりました。ご相談者の墓石はかなり昔に建てられたお墓のようですが、花崗岩ではなく安山岩を使っているのではないでしょうか。嘉永、慶応など160年程前の墓石には多く使われています。

石には「細孔(さいこう)」と言ってとても小さな穴が無数に開いており、空気を吸ったり吐いたりしています。その小さいな細孔に雨水などが浸み込み、冬に凍ってひび割れの原因となります。そのままにしておけばいずれ割れてしまいます。

雨ジミに関しては石材内部に侵入した雨水と建立時に使ったモルタル、セメントなどの成分が化学反応を起こし、変色をしていますので、そのシミを取り除くことはかなり厳しいと思います。

お墓のひび割れの補修ですが、現物を見てみないと具体的なことは言えませんが、ひび割れ部分の補修程度であれば1万から2万円程度でしょう。花崗岩あれば比較的補修がしやすいのですが、安山岩などは補修が難しくなるかもしれません。

ひび割れなどの補修は、気が付いたら出来る限り早く補修をされることをお勧めします。ひび割れの簡単な補修としては、晴天が続いて石が乾燥しているときに、瞬間接着剤をひび割れに充填し、食い止める方法でもよいでしょう。それならご自身でも可能です。石材内部に雨水の侵入を食い止めることを優先しましょう。

投稿日時:2018/06/06 15:05

劣化の度合いにもよるのですが、気に成るようでしたら修理することをお勧めします。

まず「墓石はどれくらい劣化したら修理をすべきなのか?」についてですが、少しでも「お墓の石にひび割れが有る」のでしたら、すぐに墓石を建てていただいた石材店か地元(お墓の有る地域)の石材店にご相談いただき、お墓の石の状態を墓地で確認してもらってアドバイスを受けることをお勧めします。
石材のキズにはいくつかの種類が有って、表面だけのキズで放置しても問題無いキズも有れば、石材内部に至るキズで将来キズが進行し、墓石倒壊の原因に成るキズも有ります。
ひび割れのような、危険を伴う可能性の有る劣化を見つけた場合は、どの部材のどの位置かにも寄りますが、修理するしないに関らず、墓石を建てていただいた石材店か、地元(お墓の有る地域)の石材店にご相談いただき、お墓の石の状態を墓地で確認してもらってアドバイスを受けることをお勧めします。

「雨などによるシミのようなものが消えなくなった。」ご質問のような石材の見栄えの劣化、「石色の変化」につきましては、危険を伴うような劣化ではございませんので、気に成るようでしたら、修理をお考えいただければと思います。
墓石を建てていただいた石材店か、地元(お墓の有る地域)の石材店。クリーニング&リフォームを手がけている石材店にご相談されることをお勧めします。
石材の見栄えを左右する劣化につきましては、感じ方が人により異なりますし、「修理しなければならない。」ものではございませんので、気に成るようでしたら修理してあげて下さい。
墓石の修理は供養の一つとも言えます。
気になった劣化を修理することで、心配や不安から開放され、気持ちも安らぎ、充実した毎日が過ごせると思います。

なお費用につきましては、現在のお墓の石の状態と、どの程度の完成度をお求めに成られているかにより異なりますので一概には言えませんが。。。
お墓の石が、東海地域で標準的に建てられている、「8寸角名古屋型」と仮定して。
1.50,000円前後=雨などによるシミのようなものを消す。(墓石クリーニング)
2.100,000円前後=お墓の石の少しのひび割れをリペア。(接着剤や樹脂などをキズ部分に流し込んで修理)
3.150,000円~=ひび割れの有る部材を交換修理。(石材の種類や部材により製品代金が大きく異なります。)

投稿日時:2018/03/15 09:57

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close