みんなの質問を見る

墓石

遠方でなかなかお墓参りに行けません。

お墓参りに行きたいのですが、家からかなり遠くにあるため、なかなか行くことができないのが長年の悩みです。お墓を家の近くに移したほうがよいのでしょうか?

投稿日時:2018/06/06 15:14回答2件

お墓のお引越し(改葬)について

いわゆる「お墓のお引越し」ですが、ご子息が遠方に生活拠点を移され、ご実家のお墓を移設したり、また、高齢になったため遠方までお墓参りに行きにくくなったので、近くにお墓を移設したりと、それほど珍しい事ではなく「改葬」と言って以前より行われてきています。「お墓」はそのご家族にとって最高のパワースポットだと言われています。思いついたときに気軽にお墓参りに行けるよう、近くに移設されることは、とても良い事ではないでしょうか。
では具体的に「改葬」についての手続きや、費用はどれくらい必要なのでしょうか。まず、改葬をすると決まりましたら、新しい墓地の手配をしなければいけません。公営墓地であれば、受付期間が決まっている場合が多いので、事前に市役所へ確認をしておきましょう。
公営墓地の場合、申し込み時または新しいお墓への御遺骨の納骨時に、「改葬許可証」が必要になってきますので、今の墓地管理者に、改葬許可証の発行をしてもらって下さい。町内などにある墓地の場合、墓地役員が分かっていれば、市役所で(今ある墓地所在地の市役所)改葬申請書を貰い、墓地役員に認め印をもらい、再度市役所へ提出すれば「改葬許可証」が発行してもらえます。今の墓地が公営墓地なら、市役所だけで改葬許可証の発行はしてもらえます。墓地役員が分かっていないときも、市役所へ相談をすれば、自治体の責任者や、管理寺院なを教えてもらえます。また解体時には今のお墓の「精抜き」を忘れないようにしてください。寺への御礼は一万円から二万円程度でしょうか。改葬費用のご予算の目安としては、通常の八寸型和型墓石を解体し、移設再建立する場合、解体で約10万円から15万円(間口1.2m×奥行1.2m程度の大きさの墓地と御解釈ください)再建立で組み上げに8万から10万円程度。それに新しい墓地に合わせた外柵の費用が別途必要になります。12万円から20万円程度でしょうか。新しい墓地にお墓を新規建立される場合は、それに墓石代金がプラスされます。
最近では、お墓を片付けて樹木葬墓地に改葬される方も多くお見えになります。合祀ですとすべて同じカロート(納骨室)に納める事になりますが、やはり個別に収めたいという方が多くいらっしゃいますので、樹木葬のようなパーソナルな墓地をお選びいただく方も増えているようです。

投稿日時:2018/06/06 15:05

家の近くに移すのも、良いと思います。

ご質問ありがとうございます。
墓所が家からかなり遠いことが原因で、お墓参りに行けなくて気に成っていらっしゃるのであれば、お墓を家の近くに移すのが良いと思います。
お住まいの近くでお求めになれそうな墓地(霊園)が有れば、その墓地の管理者やお近くの墓石店にご相談になられては如何でしょう?
墓地をお求めに成られるのも、お墓を移すのにもお金が必要ですので、今すぐ移さないにしても予算立てする為にご相談なされるのが良いと思います。

遠方の墓地で、お墓参りに行けなくて、手厚くご供養が出来ない場合、墓所に燈籠を設置するのも良い方法かと思います。
燈籠には火袋が有り、その火袋の中に不滅の燈明が有るとされ、常に御灯火が手向けられた供養の行き届いた墓と成るそうです。

投稿日時:2018/06/05 10:17

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close