みんなの質問を見る

土地・不動産

増築部分の耐震について

築30年超(新耐震基準)の物件を購入予定で、現在ローンの本審査中です。
内見時(1ヶ月ほど前)からホームインスペクション、耐震基準適合証明書の話を不動産業者にしており、新耐震基準後にできた物件なのでおそらく大丈夫だろうという回答を得ていました。
しかし、本審査から2日経ったところで、建物の増築部分が耐震基準に満ちていない。補強するのに70万近くかかる。と言われました。
増築部分は二ヶ所で合わせても2畳ほどです。
お金を払いたくない訳ではなく、不動産業者の対応に不信感を抱いています。
本審査手続き後に耐震基準が満たないとわかる事などが起こり得るのでしょうか。
また耐震診断に1ヶ月もかかるものなのでしょうか。遅くとも申し込みをして手付金を払った時点ですぐに動いていてくれれば、こんなギリギリにならなかったのではないかと思っています。

投稿日時:2018/09/10 09:49回答1件

増築部分の耐震について

中古住宅を購入される場合、様々なことをクリアされ、購入することになると思います。ホームインスペクションの作業自体はおそらく数日の作業日数ですが、ホームインスペクションを請け負っている者(おそらく建築士)も順次案件を抱えていると想定されますので、少し長いですが結果が出るまで1ヶ月かかってもおかしくはないと思います。手付金を支払っているとの事ですので、契約を済ませておられると想定されます。そうなると増築の部分など契約時に説明を受けた物件説明書と相違があることになるので、話し合いで補強に必要な費用の負担を売主に求めたり、場合によっては契約を止めるのも選択肢の一つと考えます。

投稿日時:2018/09/19 15:59

類似した質問を見る

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close