みんなの質問を見る

税金

分譲マンションで自然災害の雑損控除を受けるには

最近の台風被害を見てふと思いましたが、私の住む分譲マンションでも2018年に大きな被害を受けました。質問は「分譲マンションにおいて、自然災害の修繕費は、区分所有の割合で確定申告による雑損控除(または災害減免法)適用はできないのでしょうか?」ですが、管理会社に問い合わせても、住人個人で領収書等の書類を持って税務署に出向いて審査を受けないとわからないと回答され、また、「税務に関する説明が管理会社ではできないため」と、返信がきて途方に暮れています。そこで教えていただきたいのは、審査を受ける書類とはどの様な書類(修復工事等の発注書コピーだけ?)でしょうか?発注書のコピーを管理会社から貰い持ち分で計算してe-TAXで確定申告で済ませるのは無理なのでしょうか?

投稿日時:2020/09/29 19:10回答2件

分譲マンションで自然災害の雑損控除

税理士の米津晋次です。
分譲マンションの雑損控除について回答いたします。

雑損控除の適用について、マンションのような区分所有建物については、各個人の専用部分ごとに判断するのではなく、建物全体として被害の状況及び被害割合を判定します。


損失額の計算においては、
・マンションの主要構造部(構造体である柱、壁(構造上重要でない間仕切壁を除く)、床(最下階の床を除く)、はり、屋根又は階段等)について、ひび割れ、亀裂等の被害を受け、それを放置しておくと住宅としての使用が困難となるときには、合理的な計算方法を適用することになります。
・主要構造部に全く損壊がなかった場合は、個別に計算します。
・エレベーターや貯水漕、ベランダ、エントランスホールのタイル、ガラス等の共用部分について被害を受けた場合、その損失額は個別に計算します。

共用部分の修繕費を修繕積立金から支払った場合でも、 各区分所有者の持分に相当する部分の金額が、雑損控除の対象になります。

雑損控除の申告するうえでの一番の問題は、マンションの主要構造部に損壊があったのかどうかの判断です。
それにより控除額の計算方法が変わるからです。

業者の請求書だけでそれが明確に判断できることが少ないと思われます。
市町村から交付を受けるり災証明書でも不充分とされることもあります。

したがって、いきなりe-taxにより電子申告することはおすすめしません。
事前に税務署に相談に行くことをおすすめします。

それも、区分所有者全員に関係することですので、個人で税務署へ行くよりも、管理組合として動かれてはいかがでしょうか。

投稿日時:2020/10/06 18:24

分譲マンションで自然災害の雑損控除を受けるためには

こんにちは。税理士の木下です。

ご質問の雑損控除・災害減免法の適用を受けるためには、下記の第三者作成書類が必要となります。
 (1)り災証明書
  お住いの市役所等で、台風による被害の
  状況を確認してもらい、発行して頂きます。
 (2)復旧のために支出した領収書等
 (3)火災保険などで受け取った保険金額が分かる書類

e-Taxで申告して頂く場合に、雑損控除は上記の書類の提出が省略できますが、5年間書類の保存が必要です。災害減免法は提出となります。(国税庁のe-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合の「生命保険料控除の証明書」などの第三者作成書類の添付省略制度より)

 まずは、市役所等で台風被害についてご相談して頂きたいと思います。

投稿日時:2020/10/06 18:23

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close