みんなの質問を見る

カラー・色彩

チョコレート菓子の配色や包み紙について

冬場になるとよくチョコのお菓子を買うのですが、なぜチョコの包み紙は金色が多いのでしょうか。チョコの色に合うからなのでしょうか、それとも高級感を出すためでしょうか?

また、チョコレートの箱の配色で赤、黒、茶、金などの色が多いのはなんでですか?1番チョコレートっぽいから?甘さや苦味のイメージからでしょうか。乳酸菌入りやカルシウム入りのチョコはその配色の傾向に当てはまらず、白やベージュに明るい色(明るい赤、青、ピンク、黄色)の配色をよく見る気がします。目につきやすいからでしょうか?

投稿日時:2020/11/04 16:45回答1件

チョコレート菓子の配色や包み紙についてのご質問に関しまして

チョコレートの包み紙がなぜ金色なのか~チョコはアルミホイル(箔)で包むことが必要になります。(アルミは空気の出入りをさえぎる働きがありますので、香りが逃げないようになります。アルミは酸素や光を通さないので、チョコレートの中の油の性質が変わるのをふせぐことができます)『品質の保持』目的が一番。箔を(アルミ)を金色にしているのはチョコは茶色、茶色の同系色相は金色(黄色)だからでしょう。
箔の色付けが可能になってから様々な包み紙ができました。チョコレートの箱の配色に赤、黒、茶、金などの色が多いのはチョコイメージからだと思います。甘いもの(ライトカラー)、甘くないもの(ダークカラー)と色を変えることによって消費者がチョコの味を想像共感しやすくしています。

投稿日時:2020/11/09 16:42

類似した質問を見る

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close