• ビジネス・キャリア
の専門家

余語 まりあ

ブランディングの専門家

余語 まりあ よご まりあ

株式会社 ワイズエフェクト

お問い合わせ
株式会社 ワイズエフェクト
090-8952-6930

対応エリア

  • 名古屋
  • ビジネス・キャリア

事例・コラム

営業でお悩みの企業様は多いと思います。ただ、その分析はどのようにされていらっしゃいますか? もちろん数値化はされていらっしゃるかと思います。ただ、その数値の裏に隠された部分を出して行き、改善していかないと、人はそれほど自分が当たり前で行っていることの中にヒントがあると思っていない場合があります。 例えば一日10件、新規の飛び込みをしています。そこで何を話してきたの?そ...[ 続きを読む ]

来年、弊社は更に企業コンサルティングとともに研修事業にも力を入れて行きます。 その切り口は「社員ブランでイング」人のブランド価値についておよそ10年前よりセミナー、研修をしてきたからこそやはり色々なことが進んでこようが、最終的には人の価値を最大化にすることが企業の発展に繋がるのです。 社員ブランディングのポイントは(1)社員の価値を高めるスキルをインプットすること(2...[ 続きを読む ]

コンサルティングとして関わらせていただく中でトップとNO2及び社員さんとのパイプ役、それが私のコンサルティングの大きな柱になっております。 創業社長の場合、企業の成長とともに、いわゆる伝言ゲームのような状態が起こってきます。 こんなに各種ツールが発生していても時間をかけて人と人が話さない限り想いを共有出来ない部分、こちらをサポートしてそして足りないところを一緒に行って...[ 続きを読む ]

先日と東京での仕事でした。毎回ホテルほど値段とサービスとがわかりやすく企業のブランドイメージ戦略を取り入れているところはありません。よく企業で昨今は「ブランディング」という言葉も耳慣れしてきましたが、ブランドを作っていく際に必要なことの中にそれを肌で感じる感性が養われてないといくら言葉で伝えても伝わりきれません。研修などで、良くお伝えするのが、「肌で感じてこそ自分がそ...[ 続きを読む ]

4月に入りますと各地で新入社員研修などが行われますね。弊社の研修では「新入社員研修」というよりも、特に営業など日々お客様にお会いする方々に向けて、「第一印象の効果的な活かし方」と「外見・聴き方・伝え方」をお伝えしております!もちろん、同じ研修でも、その企業様の営業スタイルや商品、サービスについて、事前にわたしどもが熟知したうえで、何が営業の効率を下げているのか?どんな...[ 続きを読む ]

春になりますと、新入社員や就活生など、街にはよりスーツ姿が目につきます。自分自身をビジネスにおいて表現する「スーツスタイル」たとえ3万円のスーツでも、パーソナルブランディングを意識すれば、30万にも300万以上の価値にもなるのがビジネスにおける印象です。男性は日頃およそ9時間ビジネスでスーツを着ています。それ以外のプライベートタイム、例えば食事をするとか会社の行き帰り...[ 続きを読む ]

昨今、歴史ある「節分」「ひな祭り」のような行事から、「ハロウィン」「バレンタイン」のような海外から入りいつの間にか日本にも定着しつつあるイベントまで、消費を支えるのにカレンダーの中にある様々なイベントは外せません。またそのイベントを、CMや企業のプロモーションに活かしている企業とそうでない企業との差が顕著になってきました。例えば「恵方巻」。昔は関西地方でのみにあったも...[ 続きを読む ]

皆さん、毎日のようにテレビをにぎわせているアメリカ大統領トランプ氏髪もブロンドの為か今まで以上に赤のネクタイが目立ちますね。アメリカ大統領選と言えば「赤のネクタイ」が定番になってきてますがこのアメリカ大統領選と私が持つイメージコンサルタントのスキルはとっても縁が深いのです。さかのぼること1960年代、ニクソン氏とケネディ氏が大統領選で戦った時代当時はまだテレビがそんな...[ 続きを読む ]

皆様、2017年のお正月はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?穏やかでお天気にも恵まれ各所、多くの人手に賑わっていましたね。さて今週からは新たに仕事初めということで気持ちも新たにされていらっしゃる方々も多くいらっしゃると思います。私は2017年、こちらがこちらのサイトでお伝えさせていただきたい内容です。(1)ビジネスにもプライベートにも活かせる個人の魅力をパーソナル...[ 続きを読む ]

こんにちは。ブランディングコンサルタントの余語まりあです。あなたは「パーソナルブラディング」という言葉を耳にされたことはございますか?今年限りのSMAPの「世界に一つだけの花」の頃から、個々の個性が大切、一人一人の他にはないブランド価値を活かそう、という時代の流れがあります。商品の価値の差別化が難しいほど世の中に無いものはないぐらい商品があるなかで、同じ商品を買うなら...[ 続きを読む ]