• ビジネス・キャリア
の専門家

松森 健

ブランディングとトータルデザイン

松森 健 まつもり たけし

TM design

お問い合わせ
TM design
090-9121-0093

対応エリア

  • 名古屋
  • 尾張
  • 三河
  • 岐阜
  • 三重
  • ビジネス・キャリア

事例・コラム

2021/06/01 09:00

能動的広告と受動的広告の役割と違い

広告には、その役割の違いで、能動的広告と受動的広告というものがあります。

能動的広告とは、関心のある製品や物事を探しているユーザーに向けて打ち出される広告です。例えば検索エンジンで検索ワードを入力すると、そのキーワードに連動した広告が表示されますが、このような広告を能動的広告と呼びます。能動的広告は、特定のサービスや商品を探しているユーザーが興味を持つ可能性が高く、興味のある人に向けて限定的に広告を出すことができます。能動的広告のメリットは、探している商品やサービスと広告の内容が合えば購入する可能性が高い点。一方で、目的が絞られているからこそ、その広告が別の商品やサービスと比較されてしまうことがあります。

受動的広告は、テレビCMや折込チラシ、新聞広告などを示します。ユーザーが望んでいるかいないかに関わらず、いろいろなところで目にする広告です。不特定多数の人に広告を見てもらうことを目的とし、その中から潜在的なニーズを引き起こすことができます。受動的広告のメリットは、人々の記憶に残ることで商品やサービスを選ぶきっかけになることです。商品を購入するつもりがなくても、他の人へのプレゼントや目的のために覚えていた広告から商品を購入することがあります。受動広告は、ターゲットが絞られない広告のため、広告に全く興味を抱かない人も多くいるでしょう。多くの人にインパクトを与えるために、画像や数字を使い、目立つ広告を打ち出す必要があります。

能動的広告は、サービスや製品を探している人に向けて出される広告のため、ユーザーが興味を引きやすく、購買につながるという特徴があります。受動的広告は、たくさんの人の潜在ニーズを発掘するために打ち出される広告です。能動的広告では対象が狭く、受動的広告では対象が広いため、どちらも目的に応じて使い分けることが重要です。

最近投稿した事例・コラムを見る