• 教育
  • ビジネス・キャリア
の専門家

稲垣 真紀子

夢・希望・未来をはぐくむセミナー講師

稲垣 真紀子 いながき まきこ

はぐくみサポート ゆめたまご

お問い合わせ
はぐくみサポート ゆめたまご
050-5317-5377

対応エリア

  • 三河
  • 教育
  • ビジネス・キャリア

事例・コラム

2021/01/25 14:32

受験生のお母さんが今できること

いよいよ大学入試共通テストが始まりましたね。中学入試もスタートしました。
親子共々、今からは特に心配や不安で、必要以上にイライラにつながりやすい時です。ついついいいがちな注意が必要な言葉、

「だから言ったのに」
「~すればよかったのに」

こうした言葉は実はNG。

もっとこうしておけば、という思いがあっての言葉ですが、子どもにとってこれらの言葉はもう変えられないこと、今更どうしようもないことを、責められているような気持ちになる言葉です。

今、まさにスタートした子どもに対してはモチベーションを下げるような言葉はなるべく避けて、今からは、これまでのがんばりを発揮できるよう、励まして応援することに注力したいものです。

お子さんのタイプによっては、応援の言葉すらプレッシャーになることもありますので、
伝え方、言葉選び、タイミングなど、いつもより少し慎重に。イラッとした時にはまずは深呼吸。ひとつひとつの出来事に一喜一憂せずに、「黙って見守り、淡々と過ごす」が基本です。

そんな中でも、子どもがヘルプを必要としてきた時には、「全力応援」愛をもってサポートできるとよいですね。

心身の健康を保ち、力を発揮するためにできることは、美味しく食事ができて、質の良い睡眠が取れる家の環境づくり。うちがリラックスできる場であることが、今からは何よりのサポートになりますよ。
「今が母の腕(愛)の見せ所」です。

親子一緒に春を迎える日を楽しみに過ごしていきましょうね♪