• 住宅・不動産
  • 暮らし
の専門家

上田 伸美

『おかたづけ・おそうじ』マスター

上田 伸美 うえだ のぶみ

一般社団法人ライフクリエイティブ協会

お問い合わせ
一般社団法人ライフクリエイティブ協会
0120-69-6224

対応エリア

  • 名古屋
  • 住宅・不動産
  • 暮らし

事例・コラム

2017/10/20 12:32

収納とは「使うモノ」を収めること

「うちには収納スペースがない!」

そんな声を現場でよく聞きますがそうでしょうか?

収納とは
「使わないモノを収める場所」そう思っていませんか?

限られた収納スペースはいっぱい!使っているモノが外に出たまま・・・
収納が足りないから収納ケースを買う・・・そしてモノが増える。

先日お客様の家の衣類の見直しと収納のお手伝いをしました。
男性1人暮らしのご自宅です。

収納前にまずは
(1)今着ている服を選ぶ
 ※お洋服はシーズンごとに見直しましょう
 ちなみに何年も着ていなかった服やサイズが合わなくなった服は廃品としてさよならしました!

(2)着る服はクリーニング・お洗濯
 
(3)収納ケースに収めます
使用頻度によって高さを決めて、ケースにはラベルを貼りました。

今回は以前使っていた収納ケースから新しい収納ケースに買い換えのお手伝いもしました。

収納のケースを買う時は「サイズを測って」買いましょう。
 ※意外に買って失敗なんてことも多いですね。

今回はお客様のご要望で(1)外から見えやすく(2)お掃除しやすいようにキャスター付き(3)押入れでも使える
そこで選びました。
収納ケースについては組み立てのお手伝いもしました。

今回一緒にお洋服の見直しをお手伝いしたことで
「思い切って手離す勇気がでた」
「ラベルがわかりやすいのでこれで迷わない」

そんな感想もいただきました。

まもなく衣替えのシーズン。

収納スペースは「着ているモノを収める」場所にしていきましょう。
収納ケースの中に収める量は8割~9割が目安です。