• 教育
  • スクール・趣味
の専門家

福田 久稔

あなたの傍のICTコンサルタント

福田 久稔 ふくた ひさとし

システム本舗えふ

お問い合わせ
システム本舗えふ
059-340-9684

対応エリア

  • 三重
  • 教育
  • スクール・趣味

事例・コラム

2019/02/05 15:13

子どもの発想とほめること

子どもの創造力は豊かです。時には私たちの想像を超えることを話してくれます。
よくよく考えると、我々も子どもの頃には、そうした豊かな発想を持っていたものですが、いつしか忘れてしまって現実的なことばかり見てしまいます。

こうした子どもなりに想像したことを話してくれたとき、みなさんはどうされていますか?
子どもは一生懸命話してくれますよね。ちゃんと聞いていらっしゃると思いますが、
まずは、「おもしろいね。よく考えたね。」とほめてあげましょう。

そして、その内容について、質問をしてみてください。
考えがまだ完成していないと、子どもは更に考えることになります。答えがすっと返ってきたら、「よく考えてるね」とほめてあげてください。

決して、「そんなの無理だろう」や「おかしいだろう」とは言わないでください。
叱ったり、否定したりすることは、子どもが「発表すること」をしなくなってしまいます。

更に、「もし、こうだったらどうなるの?」と質問をして、話しを掘り進めましょう。

これは、プログラミングをするのも同じです。最初はテキストを見て作りますが、だんだん、子どもたちは独創的な改良を加えます。
発想したことをほめ、できたことをほめると、意欲が湧いて更に頑張る子どもたちが多いのは、私の教室だけのことではありません。