みんなの質問を見る

税金

年末調整、保険料控除等について

夫の扶養に入るため103万円以内の範囲で働いている主婦です。夫の保険料控除申告書を記入している際、控除可能額から溢れた分の証明書を私の年末調整で使用しようと思ったのですが、契約者名が私の名前であれば添付可能でしょうか?また月々の給与から微々たる金額しか所得税は控除されていないのですが、この状態で添付したとして、還付される所得税は例年より増加するのでしょうか? 長々と申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

投稿日時:2020/11/13 13:43回答1件

夫から控除しきれない生命保険料控除

こんにちは。税理士の米津晋次です。

生命保険料控除の適用を受けるのは、保険契約者ではなく、保険料を負担した人です。(その保険金等の受取人の全てが自分又はその配偶者その他の親族であるものに限る)

したがって、相談者名義の保険の保険料を相談者が負担したのであれば、相談者が生命保険料控除を受けることができます。

ところで、生命保険料控除を申告しても、有効になるのは控除前で税負担が発生する人です。

相談者の収入は、給与収入が103万円以内ということですので、所得税では効果はありません。生命保険料控除を適用しなくても所得税が発生しないからです。

ただ、給与収入が100万円を超えて103万円以内であれば、所得税では生命保険料控除の効果がなくても、住民税では効果がありますので、年末調整で申告してください。

投稿日時:2020/11/18 18:03

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close