みんなの質問を見る

税金

ふるさと納税について

「限度額までは、実質2,000円で返戻品を貰うことができる。」と良く耳にしますが、例えば、10万円のふるさと納税を申し込んだ場合、限度額の範囲内であれば実質2000円で返礼品を頂いたことになる。98000円は所得税の還付と住民税の控除と言う形で戻って来る。
よって、2000円しか負担してないのに10万円もの買い物ができた!と言う事と同じなのでしょうか?

投稿日時:2021/12/01 13:03回答2件

ふるさと納税につきまして

 こんにちは、税理士の一川明弘です。
 ご質問頂きありがとうございます。回答させていただきます。

 ふるさと納税は所得税と住民税の所得控除の中の「寄付金控除」に該当します。寄付金控除の計算は「寄付金額-2,000円=寄付金控除額」か「総所得金額等の40%」のいずれか低い方が限度額となります。所得税と住民税の計算上所得金額から所得控除を引いた金額に課税がされます。
 しかし、ふるさと納税の特例制度により所得税から引ききれなかったふるさと納税額は翌年の住民税から引くことができるため、ご質問があったとおり98,000円がその年の所得税と翌年の住民税から控除が受けられる仕組みとなっています。

 また、各自治体の返礼品の返礼割合は寄付額の3割以内程度と言われています。10万円のふるさと納税をする場合、98,000円の税額控除が受けられて、実質負担2,000円で3万円の買い物ができる!と考えていただければと思います。

 給与所得以外に所得が無く確定申告をしない場合は、「ワンストップ特例制度」を利用してお住まいの自治体に申請を行えば確定申告を行わずに控除を受けられる制度もございますので是非ご活用ください。

 ご不明な部分につきましては最寄りの税務署若しくは税理士にお尋ねください。

投稿日時:2021/12/20 09:47

ふるさと納税返礼品の価値について

税理士の米津晋次です。ご質問に回答いたします。

ふるさと納税は、年間所得等により計算される一定の限度額までの寄附額であれば、その年間寄付額のうち、2000円を超える部分の金額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される形で返ってくるものです。

さらに、ふるさと納税は、寄附先の自治体から返礼品がもらえることが特徴です。

したがって、言い換えれば、実質自己負担2000円で返礼品を手に入れることができます。


ところで、寄付額に対してどれくらい価値のある返礼品が送られるかについてですが、それは自治体ごと返礼品ごとに異なります。

総務省が過去の自治体間による過激な競争を受けて、返礼品の返礼割合を3割以下とすること、という通知を自治体へしていますので、寄付額に対して返礼品の価値は最高3割ということになります。

したがって、ご質問の例の場合、10万円の寄附をして送られてくる返礼品の価値は、計算上最高で、寄付額10万円から自己負担2000円を引いた9.8万円の30%である2.94万円ということになります。2000円の負担で10万円分の買い物ができる訳ではありません。

投稿日時:2021/12/03 14:06

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close