みんなの質問を見る

土地・不動産

不動産取引契約解除時の手付金と諸費用について

先般土地建物を売却契約。現地の測量も終り買主が土地に分譲住宅建設のため建築許可を役所に申請し、その後申請不可になりました。この場合先に受け取った手付金は返却しなけらばいけないのか(契約書の特約事項には不認可の場合は契約の無効手付金の返却の記載があります)また、双方とも認可を前提に進めており測量の費用と家屋家財道具の整理等罹った費用は買主の請求できるのか教えて下さい。

投稿日時:2018/07/30 10:59回答2件

不動産取引契約解除時の手付金と諸費用について

特約に不許可の場合、無効となる条項が入っていれば手付金は全額返金する必要があります。測量費用は話し合いになりますが、そうしたリスクも含んでの契約なので、買主が負担してくれる可能性は低いです。測量費用は痛み分けで折半に応じてくれたら良いですね。整理費用の買主負担は更にハードルが高いです。まずは仲介業者に確認をしてもらって、円満に進めてみてください。

投稿日時:2018/08/03 15:14

契約解除

契約書の特約条項に、「引渡しまでに建築許可が受けられない場合は白紙解除とする。」旨が入っているならば、本契約は白紙解除(手付金返金・仲介手数料支払不要)となります。
残念ながら測量代等の請求を買主にはできないと思います。
なぜ、建築確認申請が下りなかったのかは説明を受けましたか?
万一、仲介会社の調査ミスが原因であれば、売買契約の白紙解除は免れませんが、費用請求等の要望をしてみてはと思います。または、再度販売する際の仲介手数料の減額などを要求してみてはいかがでしょう。
(基本的には仲介会社も分譲会社も、契約時には建築確認は問題ないと進めているはずです)

投稿日時:2018/08/02 14:58

類似した質問を見る

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close