みんなの質問を見る

税務・会計

医療費の確定申告について(金額明細を送付しておきたい)

平成30年度の医療費についてWEBからの確定申告を実施したいのですが、薬局で購入した鼻炎の薬などもレシートを確保しており、これらをノートに貼付して蓄積している状況です。29年より、これらの提示が不要になったようなのですが、WEBから申告する場合は、金額だけを記載してエビデンスは出さなくて良いのでしょうか? 5年間自宅で、このノートを保管しておけば良いのでしょうか?税務署から提出を要請されたら出すのでしょうが正直、5年間も大量の領収書を保管するくらいなら、送りつけておきたいです。

投稿日時:2019/02/28 13:09回答2件

医療費の確定申告について

こんにちは、税理士の一川明弘です。

医療費控除の明細書・領収書についてお答えします。

平成29年分より医療費の領収書の代わりに明細書の添付が必要となっています。
領収書は5年間保存し、税務署から求められた場合には提出が必要です。

ただし、平成29年分から31年分までは従来の方法である医療費の領収書を添付によることもできるため、今回申告分の領収書等については税務署に提出していただいて差し支えありません。
納税者番号(整理番号)および納税者氏名を分かるようにして、所轄税務署へ郵送していただければと思います。

参考URL
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/iryoukoujyo_meisai.pdf

投稿日時:2019/03/04 13:23

医療費控除の領収書について

税理士の米津晋次です。

確かに、平成29年分の確定申告からは、医療費の領収書の提出は不要になり、「医療費の明細書」を提出し、領収書を自宅で5年間保存するようになっています。

ただ、経過措置として、平成29年分から平成31年(2019年)分までの確定申告については、明細書を確定申告書に添付せず、領収書を確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することによることもできます。

したがって、今回の平成30年分の申告で使用した医療費の領収書を税務署へ送付することもできます。
1年後の申告までは領収書を提出できるということです。

投稿日時:2019/03/04 13:23

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close