みんなの質問を見る

新築・注文住宅

新築住宅について

鉄筋コンクリート 壁式工法 平屋一戸建てについて

棟上後に、事情により工事がストップすることになりました。
窓などのサッシも未工事となっており、内部に雨風なども吹き込みます。
そこで質問ですが、その状態のまま放置しても、建物の劣化は問題ないのでしょうか?

仮に1年放置した場合、工事再開時への影響はどのようなものがありますか?

投稿日時:2021/12/10 11:04回答1件

鉄筋コンクリート造の 棟上後の放置の今後の影響について

鉄筋コンクリート造の耐力的な劣化を防ぐため、いろいろな法律、指針が出されています。
その中でも重要となるのが鉄筋コンクリートの「かぶり厚さ」です。鉄筋が錆びないように、コンクリートの表面から内部にある鉄筋まで、決められた厚さを確保しなければなりません。
また、塗装や防水などの内外装工事を施し、劣化保護を行うことも有効です。
「かぶり厚さ」については、建築基準法での決まりと、より厳しい基準の日本建築学会基準があります。

ご相談の内容では詳細は分かりかねますが、こうした劣化保護策を講じていない場合、想定より早い劣化が進行します。
まずは外壁部分を放水シートで養生し、速やかに内外装を仕上げる必要があると思われます。

参考までに「かぶり厚さ」の基準の一部を記述します。
建築基準法施工令79条
(1)耐力壁・柱・梁→30ミリ
(2)耐力壁以外の壁・床→20ミリ
(3)直接土に接する壁・柱・床・梁・布基礎の立ち上がり→40ミリ
(4)基礎(布基礎の立ち上がり以外)→60ミリ
日本建築学会の基準 ※普通コンクリートの場合、
(1)耐力壁・柱・梁→屋内仕上なし40ミリ、屋外仕上なし50ミリ
(2)耐力壁以外の壁・床→仕上なし40ミリ
(3)直接土に接する壁・柱・床・梁・布基礎の立ち上がり→50ミリ
(4)基礎(布基礎の立ち上がり以外)→70ミリ

投稿日時:2021/12/17 10:09

類似した質問を見る

みんなの質問からあなたの知りたいコトを検索できます

専門家に質問する

3ステップでその道の専門家がお答えします。

今すぐ質問する

close