• 教育
  • スクール・趣味
  • ビジネス・キャリア
の専門家

福田 久稔

あなたの傍のICTコンサルタント

福田 久稔 ふくた ひさとし

システム本舗えふ

お問い合わせ
システム本舗えふ
059-340-9684

対応エリア

  • 三重
  • 教育
  • スクール・趣味
  • ビジネス・キャリア

事例・コラム

2023/12/01 14:36

自分の都合だけでお子さんを叱るより、事情を説明してみる

先日、昨日子どもたちがお片付けをしてくれたらというお話があって、
『「ママは夕ご飯のお片付けしてるよ。お片付けしてくれると、ママは嬉しいな。助かるな。」って言ってみては。
そして、できたら、ありがとうを忘れないようにしてください。』
とお話ししました。

親を困らせようと思う子どもはいません。お母さんの笑顔が見たいのです。
「あなたは何をやっているの。お片付けしなさい。」と怒るよりも、先ほどのように言ってみるのは、子どもにも「おかあさんは大変だ」と気づかすこともでき、その上、「自分もお母さんのお役に立てる」と思える訳です。

こういった場合は、「おかあさんはこんな状態」「助けてくれたら嬉しいな」と伝えることが大事です。
もちろん、お母さんは笑顔で話しかけてください。そして、お片付けが下手であっても、手伝ってくれたら「よくできたね」「ありがとう」という気持ちと、ことばを忘れずに。
2日目以降も、「今日もよくできたね。」とほめて、「おかあさん、嬉しいよ。ありがとう」という感謝の気持ちと言葉掛けは忘れずに。