• 教育
  • スクール・趣味
の専門家

福田 久稔

あなたの傍のICTコンサルタント

福田 久稔 ふくた ひさとし

システム本舗えふ

お問い合わせ
システム本舗えふ
059-340-9684

対応エリア

  • 三重
  • 教育
  • スクール・趣味

事例・コラム

先日4月1日に「平成」の次の元号として、「令和」となることが定まりました。ここで注意が必要なのは、改元に伴って、「○○の必要がある」と言うお話しです。私たちが通常生活している上で、改元に伴ってお金を支払うことはありません。もし、あるとしたら、システムの変更で、会社やお店がその金額の負担をするものであって、直接、利用者や顧客が支払うものではありません。「銀行のカードの変...[ 続きを読む ]

新社会人・新大学生のみなさん、おめでとうございます。大いに希望を持って、スタートを切られたことと存じます。緊張の中で、新しいことに接していきます。そんななか、最初の壁はなんでしょうか。人付きあいかもしれませんね。この時期、意外に多いご相談は、「パソコンのタイプができない」です。もし、そんな壁にぶち当たったら、今からでも遅くないので、パソコン教室へ通うのもひとつの方法で...[ 続きを読む ]

これから、新社会人、大学生とパソコンスキルと求められるみなさんが増えると思います。パソコンスキルを身につける上で、重要なことは「すべてを覚えようとしない」というお話しは以前いたしました。では、どのようにして、学べばよいでしょうか?・独学・家族に聞く・職場で聞く・スクールに通う一番、身につくのは今困っている課題に取り組むことです。たとえば、会社の資料を持って帰ることはで...[ 続きを読む ]

子どもの創造力は豊かです。時には私たちの想像を超えることを話してくれます。よくよく考えると、我々も子どもの頃には、そうした豊かな発想を持っていたものですが、いつしか忘れてしまって現実的なことばかり見てしまいます。こうした子どもなりに想像したことを話してくれたとき、みなさんはどうされていますか?子どもは一生懸命話してくれますよね。ちゃんと聞いていらっしゃると思いますが、...[ 続きを読む ]

春に向けて、習い事をはじめる人が多くなります。就職・進学で「もう、習いに行かない」と思っていらっしゃる方や、「春になったら新しいことに挑戦してみよう」という方も多いかと思います。パソコンを習うときに、ひとつ覚悟を決めると、すんなりと覚えられて行くものなのです。それは、「すべてを覚えようとはしない」です。多くの方々が習う以上、テキストを見ないでできるようになりたい、だか...[ 続きを読む ]

日本商工会議所は、去る11月16日、日商プログラミング検定を19年1月創設すると発表しました。ICT人材の不足は深刻で、そうした人材確保は経営課題でもあります。しかし、プログラミングは教養として持っていた方がよいでしょう。昔は「読み、書き、そろばん」でしたが、これからは「読み、書き、そろばん、そして、プログラミング」です。よく「そろばん」をプログラミングに変える方もい...[ 続きを読む ]

この春、新しく大学に進学されるみなさん、社会に旅立つみなさん、おめでとうございます。大学進学、就職までに身につけておきたい、ICTスキルについて紹介したいと思います。【あなたは大丈夫?キーボード入力】まずはキーボード入力です。スマホを使っている人は、フリック入力(指を上下左右に動かして行う入力方式)で文字入力をしている方が多いと思います。スマホでは確かに早い入力方法で...[ 続きを読む ]

後半は、Scratchで制御できるトイドローンを紹介します。◎みんな大好きドローンをScratchでドローンを飛ばしたいなぁの夢とプログラミングを併せて実現できます。直接触ると危険だといったことも学習できます。プログラミングはよく利用されるScratchです。Scratchで「tello」というトイドローンを制御できます。ブロックが英語のみのため、少し戸惑いますが、最...[ 続きを読む ]

街はクリスマスムード一色。お子さん、お孫さんへのクリスマスプレゼントに今年は少々知的なものはいかがでしょうか?たとえば、プログラミングができる、ロボットなどはいかがでしょうか?大人もこどもも楽しめるそんなプレゼントになるものを紹介いたします。◎年長さんから小学校低学年まで楽しめる「ロボット組み立てとプログラミングキット」単純だから、創造力が膨らみます。そして、大人と一...[ 続きを読む ]

先日、ラジオを聴いていたら、こんな話題がありました。「息子さんが『携帯が欲しい(筆者注:恐らくスマホ)』」と話しました。どうも、気になるお友だちが持っているようです。母としては恋の応援をしたいが、小学生のうちの息子に持たすのはどうか?」というものでした。こどものスマホ所持については、いろいろな意見があるところです。一つの考え方として、お示ししてみましょう。大人からする...[ 続きを読む ]